諏訪圏工業メッセ2016に本学科から2研究室が参加

 2016年10月13~15日に開催された「諏訪圏工業メッセ」に、本学科から2研究室は参加・出展しました。大勢の方にご来場いただきました。

 星野研究室は球乗り型パーソナルモビリティの技術を応用した電動車椅子を, 諏訪圏ものづくり推進機構, イデアライフケア(株)と共同開発し, 諏訪圏工業メッセに出展しました. 路面の傾斜に関係なく椅子が水平を保ったまま全方向に移動でき,しかもわずかの力で動くのため, 介助者の支援になります.阿部知事にも試乗して頂き, 取材も受けました.

 雷研究室は太陽光エネルギーを動力源とした無人航空機であるソーラープレーンの開発を進んでおり、高高度20km飛行の通信サービス型無人機と中高度7km飛行の災害救援型の機体を考案して、設計開発を行っています。この技術が実現できれば、通信サービスも大きく向上すると同時に、通信コストが大幅に削減となると期待されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

img_2653

開発中のソーラープレーン

開発中のソーラープレーン

開発中のソーラープレーン