【高大連携】岡谷工業高校インターンシップ

  本学では、高校と大学の接続教育(高大連携事業)に積極的に取り組んでおります。その一環として、7/20(水)-22(金)の3日間、岡谷工業高校2年生のインターンシップを受け入れました。3日間のメニューは以下の通りでした。

【DAY 1】

(1)学科紹介

機械工学とは何か、どんなことを学ぶのか、何の役に立つのか?を学びます。

(2)模擬授業①:機械の故障原因を解明してみよう

FTA(フォールト・ツリー・アナリシス)を用いて、機械の故障原因を解析する手法を体験しました。大学の講義内容ですので高校生には若干難しいですが、大学での学びの雰囲気を味わいました。

(3)研究室ツアー

機械工学科7研究室を回りました。各研究室の学生が研究内容を紹介。興味のある研究室はあったでしょうか?

CIMG6581-2 CIMG6613-2 CIMG6609-2 CIMG6592-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【DAY 2】

(1)授業見学:工業熱力学

大学2年生の授業に実際に参加しました。1コマ90分はやはり長くしんどかったようです。この日は特に「燃焼」を取り扱っていましたが、ものがなぜ燃えるのか、燃えるためには燃料と空気が適切に混合されていなければならないなど、理解できたでしょうか。(担当教員のギャグはいかがだったでしょうか?)

(2)模擬講義②:自動車の衝突安全性の作り込み方

交通事故によ死亡者を減らすための研究と自動車に関する最近のホットな話題について紹介しました。

(3)授業体験:機械工学実験2

機械工学科3年生の実験(材料力学及び流体力学)に参加しました。打ち解けあって楽しく実験をすることができたようです。

 CIMG6641-2 CIMG6639-2 CIMG6637-2 CIMG6631-2 CIMG6630-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【DAY 3】

この日は研究室体験です。機械工学科の3研究室で、それぞれ3Dプリンターを用いた設計製作,ロボットアームの制御、各種材料の分析機器を用いた化学物質の同定、など興味深いテーマについて体験しました。この講座が一番楽しかったという意見が多かったです。

 

このインターンシップを通じて、大学での学びや機械工学に興味を持っていただければ幸いです。

高大連携をご希望の高校は、本学高大連携センターまでお気軽にご相談ください。

高大連携センター ===> https://www.sus.ac.jp/localarea/koudai/