平成28年度科学研究費採択状況

教員,研究者が提案した研究内容に対して、審査の結果ぜひ研究を進めることが妥当と判断された課題に対して補助金が交付される、「科学研究費補助金」制度が文部科学省所管の事業としてあります。今回、機械工学科から新たに2件の新規課題が採択されました!すでに採択されている継続課題を含めると、実に6件もの課題が採択されています!

<平成28年度新規採択課題>

1)「災害救援のための中高度・長時間滞空型ソーラープレーンに関する研究開発」(挑戦的萌芽研究)

研究代表者:雷 忠 教授

2)「カーボンナノチューブを用いた機械的エネルギー貯蔵量向上の研究」(基盤研究・C)

研究代表者:内海 重宜 准教授

 

<平成28年度継続課題>

1)「火災の前駆的燃焼状況下及び鎮火後のファイヤーデブリスのニオイ測定に関する研究」(基盤研究・B)

研究代表者:須川 修身 教授

2)「着火エネルギー及び環境湿度が可燃性ガスのフィジカルハザードに及ぼす影響」(基盤研究・C)

研究代表者:今村 友彦 准教授

3)「生物の形状を意図的に進化せることによる電気化学反応界面の新しい機能デザイン」(若手研究・B)

研究代表者:須賀 一博 助教

4)「スパコン上で効率よく大規模連成解析を行うためのフレームワークの研究開発」(若手研究・B)

研究代表者:杉本振一郎 助教