計算力学技術者資格支援講習(後半) 開催

機械工学科が主催する「計算力学技術者(CAE 技術者)資格認定事業 固体初級」資格取得支援講習の後半が9月26日午後に本学のコンピュータ教室で開催されました。この講習会を受講することにより一般社団法人 日本機械学会が主催する計算力学技術者(CAE技術者)資格認定事業の計算力学技術者 固体初級の資格を取得できます。後半の今回は前回の復習を行った後、メッシュ分割、境界条件、要素を変更した解析を実施して基本問題と比較することで、これらの因子に解析結果がどのような影響を受けるかを確認しました。

まず、前回行った杉本先生によるCAE概論講義とADVENTUREプロジェクトのADVENTURE_on_Windowsを用いて片持ち梁の解析を行う基本問題の復習を行いました。そのあとは基本問題から条件を変え、

  • 要素を1次要素にすると精度が低下する
  • 要素数により精度に違いが出る
  • 解析の成否を確認するには変位の確認だけでは不十分である
  • 対称条件の使用により計算時間削減・精度向上を行える

などのことを学びました。

IMG_2062 IMG_2078

 

また、ADVENTURE_CADの入力ファイルであるgm3dスクリプトを用いて自転車のクランクモデルなど様々な形状を自分で作成し、解析する演習を行いました。

IMG_2112 IMG_2093

 

今回は本学の学生25名(大学院2名、機械システム工学科20名、経営情報学部3名)が無事に講習会を修了し、計算力学技術者 固体初級の資格を取得する準備ができました。本学科では、今後も学生や地域の皆さんを支援するための活動を継続してまいります。

 

一般社団法人 日本機械学会 計算力学技術者(CAE技術者)資格認定事業HP:http://www.jsme.or.jp/cee/cmnintei.htm


sugimoto-1

 

 ADVENTUREプロジェクトHP:http://adventure.sys.t.u-tokyo.ac.jp/jp/