池田工業高校高大連携事業(その1・2)

本年度から、本学科では長野県池田工業高校と「高大連携事業」の一環とした実習講座を実施しています。

本年度のテーマは、「3DCADによる設計と3Dプリンターを用いた製作実習」というもので、今話題の3Dプリンターを題材に、

①3Dプリンターはどのような場面に有益なのか?どのように応用されているのか?

②3Dプリンターでの製作に必要な技術は?3Dプリンターで打ち出すための図面を作る3D CADとは?

③3DCADで実際に設計してみよう!

④3Dプリンターで実際に制作してみよう!

⑤3DCAD・3Dプリンターの未来は?

といった、まさにナウな(死語?)トピックを、実際に3DCADや3Dプリンターに触れながら学びます。

5/29(金)に第1回目,6/12(金)に第2回目が開講されました。初めの3回は、実際に3DCAD, 3Dプリンターの最先端技術を持っているプロの方を外部講師としてお招きし、お話を聞きながら、実際に3DCADに触れ、その操作方法を学びました。

まだまだ始まったばかりですが、半年後、どのような3D製品ができあがっているでしょうか?期待が膨らみます!

DSCN0168-2 DSCN0166-2

 

 

 

 

 

 

 

第1回(5/29)の様子です。シェルハメディカル株式会社の金子先生をお招きして、3Dプリンターの現在,未来展望などについて、実物も交えながら楽しくお話しいただきました。

 

DSCN0220-2 DSCN0221-2 DSCN0223-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2回(6/12)の様子です。㈱プラーナーの北原先生をお招きして、3D CADソフトの実際の使い方を学びました。高校生は初めて使うソフトだったようですが、先生そして本学4年生の指導の下、無事に使えていました。講義にはこの時間帯授業のなかった1年生も参加!4年生から的確なアドバイスをもらって、無事にソフトを使えるようになっていきました。