竹増 光家 教授

材料・加工

竹増 光家 教授

研究分野

生産機械工学 材料加工学

【研究室 Close Up】リンク ⇒ 竹増研究室

研究内容

金属材料に強い外力を加えて永久変性させる、金属粉末をプレスにより押し固めて焼結する、あるいは両加工法を融合させて革新的なプロセスを生み出すなど、切りくずを排出せず(省資源・省エネルギー)、高速かつ高精度に各種重要機械要素を加工するための種々の研究を行っています。いずれも高価な精密金型を用いる加工であるため実用化には工程最適化が必要不可欠です。本研究室ではそれを実現するために有限要素法を用いた大規模数値シミュレーションと実証実験を並行して行い、工程最適化にかかる時間とコストの大幅な低減を図っています。また、同時にそれらの工程により実際に加工された製品の精度および強度評価に関する研究も行っています。

研究テーマ

  • 焼結合金鋼歯車の高強度化と高精度化に関する研究
  • 歯車の成形転造シミュレーションと数値歯形解析
  • 二重ねじ機構に基づく極めて緩みにくいねじ締結体の開発と性能評価
  • 各種スクリュー部品の有限要素法による成形転造シミュレーション
  • マイクロ穴の精密穴抜き加工に関する研究
  • せん断加工プロセスの有限要素シミュレーションモデルの開発
  • 超音波振動付加マイクロ塑性加工プロセスの研究

所属学会

日本機械学会、日本塑性加工学会、精密工学会、日本粉体粉末冶金協会、日本自動車技術会

社会活動

日本塑性加工学会北関東・北信越支部評議員

受験生へのメッセージ

機械システム工学科の竹増研究室では、非常に実用性の高い種々のものづくりに関する研究を行っており、本研究室で学んだことは就職後必ずや仕事に直接的に役立つこと請け合いです。この就職氷河期の時代、是非諏訪東京理科大学の本研究室で学びを深め、真の実践力を身につけ、社会に役立つ有意な人材となって下さい。

企業の方へのメッセージ

機械システム工学科の竹増研究室では、simfact.forming,ABAQUA,DEFORM2D/3Dなど各種汎用有限要素法数値解析ソフトを取り揃え、高速PC計算サーバーも数台用意し、あらゆる塑性加工プロセスの成形シミュレーションを行える体制が整っています。また、そうした市販のリソースばかりでなく、FEMシミュレーションソフトのソースコードの開発も行っており、これらの手段を駆使することにより成形加工工程最適化を精力的にお手伝いします。この種の解析や最適化でお悩みの企業の方は、是非遠慮なく当研究室を訪問して下さい。リーゾナブルな研究開発費で困難な問題解決に積極的に取り組み、必ずや問題のブレイクスルーを見出します。