機械工学科

学科設置理念

将来を幸せな未来にするために本当に価値あるものを創り出し、発展させる力を養います。

機械工学とは、自動車・ロボット・航空宇宙・医療・重工・家電・エネルギーなどに関連した社会生活を支える基礎学問です。環境やエネルギーの問題を抱えた今、将来私たちが幸せに暮らすために、本当に役に立つものを創り出し、科学技術を発展させるために必要な学問です。「材料・加工」、「ロボット・制御」、「流体・航空機」、「安全・環境」を専門の柱とし、多くの技術を有機的に結び付けて、本当に価値あるものを自ら提案・実現できるエンジニア=新しい価値のクリエイターを育成します。

ポイント1:機械工学の基礎を徹底して身につけ、スムーズに専門分野へ移行できます。

機械工学の基礎は、「材料力学」「流体力学」「熱力学」「機械力学」のいわゆる4力学。それらすべての導入科目となる物理・数学から学修がスタートします。さらに、4力学すべての科目に演習形式の授業も用意され、確実に機械工学の基礎が身につけられるカリキュラムになっています。そのため必修科目も多くなりますが、それらを修得することにより、「材料・加工」、「ロボット・制御」、「流体・航空機」、「安全・環境」の4分野へスムーズに移ることができるのです。

ポイント2:知識だけではない、多彩な実践科目で技術力を高める。

図面を描く・読む力は、あらゆる現場で求められる基本的な能力。機械工学科のカリキュラムには、機械設計・製図・製作を修得するための多彩な実践科目が1年次から用意されているのも特色です。1年次の「作るシステム工学」では、実際に歩行ロボットを製作します。2年次以降は現場で用いられている設計・製作技法(CAD、CAE、CAM)を本格的に学びます。さらに興味がある学生は、修得した知識・技術を活かしてEV(電気自動車)ラボで、設計・製作の力を試すこともできます。

ポイント3:充実した実験とプレゼンテーションを習得して、コミュニケーション能力の育成。

実験科目では単に実験結果をレポートにまとめるだけでなく、互いにコミュニケーションを取りながらプレゼンテーションを行わせています。他人の意見に耳を傾け、自分の意見を分かりやすく相手に説明できるように指導しながら、課題を一つ一つまとめ上げていく能力を養い、リーダーシップのとれる人材の育成を目指します。

“ものづくり”教育と“ひとづくり”の教育

学科イメージ

育成する人材:付加価値の高いものづくりを自ら提案・実現できるエンジニア ー 新しい価値のクリエイター・機械エンジニア

企業の生産活動を支える新しい価値のクリエイター近年の社会変化により環境を十分に考慮した工学が必要とされています。つまり、環境と工学を両立させるアプローチが重要となっています。専門分野では、「材料・加工」、「ロボット・制御」、「流体・航空機」、そして「安全・環境」に分かれ、多彩なカリキュラムとなっております。

「材料・加工」分野:機械の基礎を支える技術で社会に貢献

材料・加工分野

さまざまな種類の金属やセラミックス、プラスチックやゴムをはじめとする有機材料など、最先端の機械工学を支えているのは材料。すべての工学技術のスタートでもあります。新素材の開発や評価、製品への応用など、多方面から研究を行います。環境にやさしい材料、安全面から人の命を守る材料など、社会が求める技術の開発に携われる研究領域です。

「ロボット・制御」分野:ロボットを自在にコントロール

ロボット・制御

制御とは、複数の技術を組み合わせ、コントロールするための技術のこと。ロボットも制御を形にしたもののひとつです。自動車の設計・開発をはじめとして、幅広い分野に応用できる制御系の工学技術と知識を学び、研究していきます。

「流体・航空機」分野:環境に適応した流体機械と航空機の技術

流体・航空機分野

空気抵抗と騒音ができるだけ少ない航空機を実現するために、流体に関する数値シミュレーション、実験技術、最適化設計法などを研究しています。ポンプ、水車、送風機に代表される流体機械に関する研究をしています。流れ学の基礎をはじめ、流体理論と実験技術とコンピュータシミュレーション技術、さらに応用として流体機械、空気力学、航空力学と飛行の原理を学びます。

「安全・環境」分野:高度かつ信頼できる技術へ

安全・環境分野

ものづくりに「安心・安全」,「クリーン・省エネルギー」などの付加価値を加えるための教育研究分野です。ものづくりの製品やプロセスなどに対する火災・爆発危険性の評価や、地球温暖化防止に役立つ製品・技術を普及させるためのシステム作りなどを対象としています。

学科の特色

  • 少人数クラスによる基礎教育科目の徹底
  • 分かりやすさを優先に導入科目から専門科目への段階的な移行
  • プレゼンテーション技術の修得
  • 多分野にわたる豊富な選択科目

アドミッションポリシー(求める学生像)

高校の教育課程で数学・物理(主に力学)、化学を修得し、これらを基礎として機械工学分野での専門性を身に付け、ものづくりに様々な形態で携わることを希望する学生を求めます。

  • 環境負荷が低く、無駄の少ない優れた加工法によるものづくりに興味をもつ人
  • 新しい、優れた性質をもった材料を使ったものづくりに興味のある人
  • ロボット・電気自動車や様々な自動化設備などの開発・制御に興味のある人
  • 環境に適応した航空機・省エネルギーの流体機械の設計・開発に興味のある人
  • 環境安全・エネルギー問題への新たな取り組みに興味のある人

目指す人物像

付加価値の高いものづくりを自ら提案・実現できるエンジニア ー 新しい価値のクリエイター(創造者)機械エンジニアの育成

「何をつくるか」の時代

ものづくりは「どうつくるか」から「何をつくるか」の時代へ移ったといわれる。「どうつくるか」とは、品質、性能、価格などの要求に対して、技術力で応えていくことであり、「何をつくるか」とは、消費者の潜在的な欲求に対して、新しい製品やサービスの創出で応えていくことである。

ものづくりは人類の中心にある

どんな製品であろうと、どんなサービスであろうと、人との物理的な接点を作り出すモノが必要となる。それは機械装置そのものでもあれば、そのモノを作り出す装置でもある。人類の存続する限り、ものづくりは必要であり続ける。つまり、ものづくりは決して無くならない。

人の心・価値観を追求するものづくり

現代のものづくりは、新興国を無視できない。しかし、新興国とは低コストの象徴ではないだろうか。たとえば、低コストのものづくりは大量消費を生み出しやすく、その陰に持続性(サステナビリティ)の忘れ去られる懸念がある。地球環境は資源であり、それに限りのあることは多くの人々が気付いている。サステナビリティは、気付いた人々が目指す未来への方向である。人々の潜在的な欲求に対して応えていく新しい時代のものづくりは、人の心、価値観を大切にする必要があると考える。

技術の総動員で価値開発

ひとつの開発は、未来を大きく変えるかもしれない。たとえば新素材・新技術・自動化による生産性の向上は、同じ量の人・資源・エネルギーからより多くのモノを生み出すことを可能にする。しかし、過去から学び、それが未来に与える影響を予測するシミュレーションを必要とするだろう。さらに、人の心を取り残すことなく、本質的に安心と安全と信頼を与える設計や製造技術を必要とするだろう。ひとつの開発は、多くの技術と関連し、それぞれ必要としていることを忘れてはならない。

私たちの使命は「機械エンジニア」の育成

これからのものづくりは、幅広く、多くの技術との関連性を理解し、新しい価値を創造できる機械分野のクリエイターを必要としている。新しい価値とは何か。その答えはひとつではなく、また普遍でもない。時代の要求に応じて変わり続けていくだろう。だから機械エンジニアは、自分で答えを見つけられる知恵を身につけている必要がある。新しい価値のクリエイター『機械エンジニア』の育成は、私たち機械工学科のミッション(使命)である。